【イベント情報】5月1日は3年ぶりの「神社開き」

更新日:3月19日

みんなでコロナ退散を願った“お百車参り”から約半年。3年ぶりに春の神社開きを開催します!!


今年は恒例の「茅の輪クグリで強運祈願」に加え、「クルマ文字でラッキーナンバー【55】を描く」、「交通安全祈願餅つき大会」の招福イベント3本立て!!!



クルマ文字はオプションランドにとってはとても思い出深いイベント。Daiとドリキンが呼び掛けた1993年「OPTION」と「OPTION2」の合同イベントとして開催された「第1回オプション美女高原ミーティング」の4年後、鈴蘭高原で行われた「クルマ文字に挑戦!」ではアースウィングマークをクルマ文字で描くイベントを開いたんだけど、当時はドローンなんて無いから、カメラマンをヘリコプターで飛ばして空撮するという大仕掛けだった。もしそのクルマ文字をつくった人がいたらコメント下さいね🚗








↑これがアースウィングマーク

一人一人が地球環境を大切にして、できることから始めようという宣言のもと、オプションランドのテーマである「人とクルマと自然の共生」、「友だちと家族の絆を深める」、「みんなのシンボルを持ちたい」、「自由に走りたい」というテーマ表したマークです。



今回描く文字は、ラッキーナンバー【55】。V-OPTを観ていたひとにはお馴染みのDaiのゼッケン番号!! たぶん「GOGO 大二郎」に由来している。

当日撮ったクルマ文字の写真は、加工して「ラッキーホルダー」に仕立ててから参加者に送ります🚗


そして、何故、お正月も過ぎたのにお餅つきかって?

古来日本では、稲は「稲魂」や「穀霊」が宿った神聖なものだと考え、崇められてきました。稲から採れる米は人々の生命力を強める神聖な食べ物であり、米をついて固めるお餅や、米から醸造されるお酒はとりわけ力が高いとされているんだよ。鏡餅とか、お神酒とかね🍶

「神社開き」は1年の始まり。コロナを乗り切り、春を迎えられる喜びを分かち合いましょう。縁起の良い「祈願餅」という名前をつけました。ちょっと特別なお餅を計画しているのでお楽しみに♬


【開催概要】

■『走り乃神社』2022 年神社開き

開催日時:2022 年5月1日(日) 午前9~12時  ※雨天決行

開催地:岐阜県高山市朝日町見座 飛騨高山/走り乃神社 in 美女高原

集合場所:飛騨高山/道の駅・ひだ朝日村 駐車場

招福イベント:

①強運の輪クグリ(1台づつ茅の輪下で記念撮影)

②クルマ文字でラッキーナンバー55作り

③「祈願餅つき」

参加方法:事前申し込みはこちらから(当日参加もOKです)

参加料:3500円(神職によるご祈祷も含まれます)

記念品:令和4年版「強運お守り」、「祈願餅」、「ラッキーホルダー」、「記念フォトブック」



 

イベント「クルマ文字に挑戦!」とは?


1997年9月28日岐阜県大野郡朝日村鈴蘭高原において行われたイベント「クルマ文字に挑戦!」で、オプションランドはエコ宣言を行いました。 

この宣言は、一人一人が地球環境を大切にし、できることから始めようという宣言でした。オプションランドは、人とクルマと自然の共生、友だちと家族の絆を深める、みんなのシンボルを持ちたい、自由に走りたいという4つのテーマにしたパークの実現のために活動してます。 また、1998年は、朝日村美女高原において、地球環境を守り育て、地域主導型のエコロジカルパークを作ろうと動き出した年でもありました。

閲覧数:94回0件のコメント

最新記事

すべて表示